自分を変える方法!

「今度こそは変わろう!」そう何度決意したことか、、

人は未来の自分を過剰評価してしまいます。そのため予想していた自分とのギャップに落ち込みます。

根性、努力が足りないと思うかもしれませんが、正しい方法を行えば人は変われます!今回は科学的な要素も含め変わる方法を紹介していきます。

 

1.完璧を求めすぎ

人は未来の自分を過剰評価してしまいます。そのため自分に見合わない目標設定や計画を立ててしまい、三日坊主となってしまいます。まずは簡単でクリアしやすい目標、計画を立てましょう。

三日坊主となってしまうと罪悪感を抱くと思いますが、罪悪感を抱くと脳の両側内側前頭葉という領域が活性化します。両側内側前頭葉にはドーパミン受容体があり、活性化してしまうことによりドーパミンが分泌されます。

ドーパミンギャンブル依存症の人が良く分泌される脳内伝達物質であり、簡単に言うと報酬を期待する働きを持っています。そのためギャンブル依存症の人は一攫千金を体験すると、ドーパミンの働きによってギャンブルをすればまた大金が手に入ると勘違いすることによって依存してしまいます。

罪悪感を抱くことによってドーパミンが分泌され、失敗が癖になってしまいます。

「失敗を恐れるな」と発言される方の意見に反対しているわけではないです。成功体験を積み重ねることによって計画を途中で投げ出さずに遂行できるわけです。

小さな成功体験を積み重ねて人は変化できるのです。

 

2.環境に流されている

ダイエットが上手くいかない。そんな人は周りの環境による影響を受けているかもしれません!

ハーバード大学医学部のニコラス・クリスタキスとカリフォルニア大学サンディエゴ校のジェームズ・フォーラーによる共同研究でマサチューセッツ州のフラミンガムという町を対象に長期間とある調査を行いました。

その結果、肥満や飲酒、喫煙などの習慣が家族や友人の間で感染することがわかりました。友人が肥満になった場合その人が将来肥満になるリスクは171%も増加します。

 

人は皆、成長していくものです。失敗を成長と捉えて前に進むか、諦めてしまうかによって結果は大きく変わってきます。あなたは今後どうしますか?