選択は科学で証明できる! No.1

私たちはいつ何時も選択を強いられる。あなたも選択を誤ったと感じたことはあるだろう。もしあの時違う選択をしていたらどうなっていたか、

いつだってその場で正しいと感じる方法で選択をしていると思うが、実は選択は無意識的に決められていたりする。

あなたに選択権はありますか?選択はあなたにとってどうあって欲しいですか?

 

  1. 選択がもたらす健康状態

コネチカット州高齢介護施設「アーデンハウス」で1976年に行われた研究。

入居者を2つのグループに分けて選択がもたらす影響を知らべた。

Aグループは部屋に置く鉢植えを配り、看護師が世話をすると伝えた。毎週木曜か金曜に映画を上映するのでこちらで予定を組みますと連絡した。

Bグループは好きな鉢植えを選ばせ、世話も自分でしてよいと伝えた。映画は木曜か金曜の好きな曜日に観てよいことにした。

その結果3週間後にはAグループは70%以上身体的な健康状態の悪化が見られ、Bグループは90%以上が健康状態が改善した。6か月後にはAグループの方が死亡率が高かった。

Aグループの人たちは自由が制限され、Bグループは自由であった。自由であるか否かでここまで健康状態に差が生まれてしまう。

自由とは選択権があるか否か。

 

NO2では人種による選択の違いについて話していきます。