集中力を身に付ける方法!

今回は集中力について紹介します。

 

集中力を増加させる方法

①環境がもたらす効果

色彩心理学では水色には集中力を向上させ、時間が短く感じる効果があります。

ペンを青色にしたり青色が含まれる筆記用具や道具を使うことで集中力が向上します。

環境がもたらす効果は他にもあり、とある実験では散らかった部屋では集中力が乱れたり、スマホを視界に置くことによって集中力が低下することがわかっています。机周りが物で散乱しないように注意しましょう。

もし置く場所がない場合は「とりあえずボックス」を用意しましょう。とりあえずボックスは100均などに売っているカゴにとりあえず物を入れておいて机をキレイにする方法です。

 

②運動は集中力、記憶にとても影響する。

ジョージア大学の研究では20分の軽い運動をした後は3~4時間認知能力、集中力、思考力が高まりまることがわかっています。

 運動することによって脳の海馬と呼ばれる長期記憶に関する部位に脳由来神経栄養因子(BDNF)が増加します。BDNFはニューロンと呼ばれる情報伝達を行う細胞で、ニューロンを新生するのに関わっています。勉強はニューロン同士の結びつきを強くすることで記憶として定着するため、ニューロンを増やすことは記憶力の向上にも効果があります。特に有酸素運動を行うことでBDNFが増加しやすいです。

 

③匂いで集中力UP

匂いには集中力を高める効果があることがわかっています。

1.ローズマリー

脳への血流量を増やし、意志力が回復します。

2.ペパーミント

集中力、敏捷性を高めます。

3.シナモン

認識機能と記憶力を向上させます。

上記の3つはエッセンシャルオイルとして売っています。部屋や職場に置いておくことで効果が得られますので試してみてください。

 

④姿勢をよくする

姿勢をよくすると前頭葉が活性化します。姿勢を整えることによって呼吸に関する筋肉が正常に働くことで脳に酸素が多く行き渡るため、集中力も向上します。

姿勢をよくすることで意志力が向上することもわかっており、悪い姿勢は肩こり、腰痛の原因となりますので注意が必要です。

他には立っているときは座っているときよりも認知能力、集中力、判断力が上昇します。長時間座ることは死亡リスクを高めることは多くの研究で証明されており、立つことを定期的に行うことは死亡リスクを下げる以外にも集中力を向上させる面からしても効果的です。

 

⑤水を小まめに飲むように

イーストンロンドン大学ウェストミンスター大学の実験では知的作業前に0,5Lの水を飲んだグループと飲まなかったグループでは、水を飲んだグループの方が14%も反応時間が早くなります。

f:id:wushilanjiangusyoumaigarasi:20180612092842p:plain

 

マルチタスクは辞めるべき! ~マルチタスクによる弊害

マルチタスクを試みると情報処理能力を低下させるコルチゾールと呼ばれるホルモンが分泌されます。

2009年スタンフォード大学で行われた実験では「マルチタスクを日常的に行う人は能力が高いのではないか?」と考え262人の学生を対象にマルチタスクを行う人能力検査を行った。しかし、マルチタスクを日々行っている人は、そうではない学生と比べ、すべての評価基準で成績低かった。

2010年スタンフォード大学で行われた2250人を対象に行った実験では仕事に熱中している人ほど幸福度が高く、集中力が乱れている人ほど幸福度が低かったことがわかっています。

 

集中力を効率的に使う方法

①ポモドーロ・テクニック

25分作業をして5分休憩するサイクルを繰り返す方法で、短い休憩から作業を再開することで脳内でドーパミンが分泌されて不安や迷いが減ります。

 

②朝のゴールデンタイム

起床後2時間は最も意思決定力が増し、作業に集中できる時間帯です。この時間帯は単純作業ではなく、計画やインプットのための時間として有効に使いましょう!

しかし、そのためには早起きをしなくてはいけません。今回は「睡眠」についての紹介はしませんが、正しい生活リズムを整えることは集中力を有効に使うために重要です。

 

他にも集中力や意志力を効率的に使う方法があります。詳しくはこちらの記事で紹介しているので参考にしてください。

got.aa9.jp

 

 

子供の成績を上げる方法! 勉強しないを解決!

子供が勉強しない!成績が悪い!

そんな方へ、子供の学力に関する科学的なエビデンスを紹介します。

 

 

親と子供の学力の関係

2012年の調査では東大生の親の平均年収は1000万円で57%もの人が年収950万以上とのことです。

他にも中室牧子と松岡助教らが行った実証研究では親の学歴の差があるほど子供の学習時間が学年が上がるごとに増加する傾向があることがわかりました。

親が子供に与える影響はとても多いいです。統計的な傾向を見ても親の「年収」「学歴」に子供の学歴、勉強時間に影響があります。

 

 

褒美を与えると学力はどうなる?

ハーバード大学のフライヤー教授が行った実験ではアウトプットとインプットどちらにご褒美を与えると成績が向上するか調べたところ、インプットにご褒美を与えた方が学力テストの結果が良くなりました。

しかし、他の実験では献血をする人に対してお金を支払うようにしたところ、献血をする人が減ってしまったり、高校生が募金活動をするときに集めたお金に対して謝金がもらえるようにしたところ、かえって集まった募金額が減ってしまった。

このことから褒美を与えるとその対象に対して内的動機が薄れることがわかります。

では褒美ではなく、褒めることによっての効果はどうなのでしょうか?

 

コロンビア大学のミューラー教授らが行った実験では小学生を対象にランダムに2グループに分かれ、両方にIQテストを受けてもらいました。Aグループには「あなたは頭がいのね」と子供の能力を褒めたのに対して、Bグループでは「よく頑張ったわね」と努力を褒めました。

その後2回目の(今度は難しい)IQテストを受けてもらい、さらにその後に3回目のIQテスト(1回目と同レベル)を受けてもらったところ、能力を褒められたAグループは3回目のIQテストでは成績を落としたのに対して、Bグループは成績が向上しました。

能力を褒めると成績が低下し、努力を褒めることによって成績が向上しました!

ミュラー教授らによると「能力を褒めることによって子供のやる気を飲む」とのことです。

人は誰しも褒められれば嬉しいものです。しかし、能力ではなく努力を褒めてあげましょう!「天才」よりも「努力家」と称される方が良いということです。

 

 

環境がもたらす学力

ホックスビィ教授の調査によると、クラスで学力の高い女子の比率が高くなると平均的な学力に正の因果関係が確認されました。頭の良い女子がいることによってクラスのテストの平均値が上昇するとのことです。男子の場合は因果関係がなかったとのことです。

 

他にはノースウェスタン大学のフィグリオ教授の調査では、問題行動を起こす生徒が1人いると他の学生が問題行動を起こす確率が17%上昇します。

また1980年コロンビア大学のグラス教授とミス教授が行った調査ではクラスの人数と学力には負の相関関係があり、20人以下になるのが好ましいと述べています。

1985年から89年にかけて米国テネシー州政府が行った「スタープロジェクト」でも同様の結果が出ています。

 

このように環境がもたらす効果が大きいことわかります。

f:id:wushilanjiangusyoumaigarasi:20180610082714p:plain

子供の学力を上げる方法

①親も能力を向上させる。

子供にだけ「勉強をしろ!」というのは子供も「なんで自分だけやらなくてはいけないいんだ、」と思ってしまいますし、親の学歴、年収が子供の学力に影響することは先にも述べました。親が子供に与える影響は上記のこと以外にもたくさんあり、とても大きなものです。いい師となれるように自分磨きも忘れないようにしましょう!

 

②環境を整える

人好き合いは大人になっても重要で子供にとっては学力や行動に影響を与えます。

自分で管理する能力も重要ですが、塾に通わせたり、偏差値の高い学校に行くように説得をすることはできます。外的要因はコントロールするのが難しいため、しっかりとコミュニケーションを取り方法性を間違えないように誘導しましょう!

 

③努力を褒める。

努力を褒めることによる効果は先ほど紹介したとおりです。能力を褒めると成績が下がるため、成績が悪くても努力を頑張っているのならば褒めてあげましょう。その上で成績を上げるために改善点などを一緒に考えましょう!

 

 

個人的な意見

子供は様々の物を見て学びます。大人は子供に対して過剰評価をしてしまいます。夫婦喧嘩や離婚。大人にとっては平気でも子供にとっては大きなストレスとなります。

子供だけで自分の人生を作り上げるのは不可能です。周りの外的環境に影響され自分を形作ります。ときには大きなストレスによって可塑化してしまい、取り戻しのつかないことになってしまいます。

私たちにできることは自分を変えるこのみです。他人を変えたければ自分を変えて自分がコントロールできる環境を変えて周りの人に少しでもその姿を、影響を与えることしかできません。

他人に原因、責任を押し付け、自分を肯定していては諦めたも同然です。諦めたならば私たちには変えられることはなく、周りの環境に流される漂流物でしかありません。どこにたどり浮くかもわからないそんな人生は誰だって嫌だと思います。

私は自分を変えることしかできない。

大谷翔平、右肘靭帯部分的損傷でDL入り。PRP療法と幹細胞注射とは?

大谷翔平が右肘内側側副靱帯の部分的損傷。

朝からショックなニュースが舞い込んできました、、

10日間のDL入りで3週間後に再検査とのこと。再建手術にならないことを祈るばかりです。

さて、大谷翔平選手はPRP療法と幹細胞注射を行うそうですが、PRP療法とは?幹細胞注射とは?そんな方も多いいと思いますので、今回はこの2つを紹介していきます!

 

f:id:wushilanjiangusyoumaigarasi:20180609083643p:plain

 

PRP療法とは?

自分の血液中の血小板を採取してそれを患部に注射して自己修復を図る方法です。靭帯組織は血液の流れが乏しく、普通では修復はできないのですが、血液を直接送り込むことで組織の修復を図ります。血小板には組織を修復する成長因子が多く含まれ、血液から部分的に血小板を採取し患部へ血液を送ります。

 

 

幹細胞注射とは?

まず幹細胞のお話から。幹細胞とは細胞を生み出す細胞のことです。幹細胞には2種類あり、「組織幹細胞」と「ES細胞」です。組織幹細胞は特定の細胞を作るのに対してES細胞は多種多様な細胞を作ります。

幹細胞はお腹周りの脂肪に多く含まれ、そこから採取するそうです。採取した幹細胞を患部に注射を行い、自己修復を図るという方法です。

 

まだニュースで報道されただけで、具体的な詳細は明らかにされておらず、記者会見も開かれていません。今後の詳細に注目したいところです。

 

今度こそ成功する習慣の身に付け方!

習慣を身に付たいけど途中で断念してしまう。そんな方へ習慣化することのメリット、脳の働き、習慣化の方法を紹介していきます。

 

習慣化をすることのメリット

デューク大学の研究によると私たちの行動は45%が習慣によって成り立っているそうです。

他にもUCLAデューク大学で行われた実験ではストレスを抱えると習慣化された(良くも悪くも)行動をとる傾向にあることがわかりました。

また2009年に「ヨーロピアン・オブ・サイコロジー」誌で発表された研究では習慣化には平均66日かかるとのことです。しかしこの実験では習慣化にかかった時間に差があり、最短で18日、最長で254日の人もいました。難易度によって習慣化には時間の変化が生じると考えられます。

 

習慣化をすることによってストレスなどの要因があっても行動しやすく、私たちの行動の45パーセントを占める習慣を理想的な形で過ごせます。

 

f:id:wushilanjiangusyoumaigarasi:20180609080220p:plain

 

習慣化と脳の関係

習慣化された行動は大脳基底核と呼ばれる脳の一部が活発化します。習慣化されていない行動は前頭葉と呼ばれる思考や理性的な行動を決定する脳の一部が活発化します。前頭葉は疲弊しやすく、エネルギー切れになりやすいため、習慣化されたエネルギー効率が良い大脳基底核がもたらす行動に依存するのです。

テキサスA&M大学で行った研究では習慣化された行動をするときは明らかに感情的な反応が乏しいことがわかりました。習慣化された行動は強い感情を引き起こしにくく、ストレスなど嫌な気持ちでも行動が続けやすいのです。

 

 

習慣化の方法。意志力を上げる!

ロイバイ・マイスターの1999年に行われた実験では2週間姿勢正す努力をした学生はそうしなかった学生に比べて意志力が鍛えられたと報告しています。

もっと意志力の鍛え方について詳しく知りたい方はこちらを参照してください。

got.aa9.jp

習慣を続ける方法

①小さな習慣から始めるようにしましょう。継続して習慣化させることが重要なので、ゆっくりと焦らず毎日続けられる目標を立てましょう!

また小さな習慣だと、失敗することがないため罪悪感に苛まれず、調子が良い時には長時間続けられます。最初から難易度が高い目標だと開始する前に萎えてしまいます。

小さな習慣では始めることが簡単ですので調子が良くなったらそのまま続ければいいし、無理なら小さな習慣ですので目標を達成するのは簡単です。

 

②シンプルな記録を付けましょう。感覚的な記録ではなく、具体的に数値化などを行い、習慣化したい行動があまりできなかった原因を探るときに役に立ちます。また記録を付けることによって達成感も得られます。

 

③賞罰制度を作る。習慣化された行動は感情が引き起こされずらいため、習慣化するまでは賞罰制度を設けて行動を継続できるようにしましょう。

賞で例えると、腕立て伏せが20回できたらお酒を飲む。罰では本を読むためにたくさんの本を買って金銭的にプレッシャーをかける。(勿体ないと思い読むように仕向ける)などが挙げられます。

 

習慣化したい行動を決めるときには欲張らずに1つの行動に集中しましょう。また長期的な視野で今後役に立つと思う行動を習慣化できるように頑張りましょう!

 

幸せになる方法を科学的根拠に基づき紹介!

皆さんは今幸せですか?そう聞かれるとはっきりと「幸せです!」と答えられる人は少ないと思います。今回は幸せになる方法を科学的な根拠に基づき紹介していきます。

f:id:wushilanjiangusyoumaigarasi:20180608072318p:plain



幸せと感じている人ほど年収が高い

大学新入生だったころに幸せだと感じている人はそうでない人と比べ16年後の調査で年収が高いことが分かっています。

ではどうしたら幸せになれるのでしょうか?科学的根拠がある方法を紹介します。

 

ありがたいことを字に起こす

1週間に1度「恵まれていると感じていること」を5つ書き出してもらい、それを10週間続けるグループと、何もしない対照群とを比較しました。

その結果「恵まれている」と感じていることを書き出したグループは人生を楽観的に感捉えるようになり、頭痛や吹き出物、咳、吐き気が減り運動時間が増えました。持病を抱える学生に同じ実験を行っても同様の結果が得られました。

ソニア・リュボミアスキーによる実験では「感謝日記」を6週間にわたって日曜日だけ書くグループと火木日曜日に書くグループに分かれて実験を行ったところ、日曜日にだけ感謝日記を書いたグループのみ幸福度が上がりました。

このように感謝していることなどを1週間に1度字に起こすことによって幸福度が上がりました。

ポジティブ心理学創始者であるマーティン・セリグマンの実験では感謝を手紙に書くだけで、相手に渡さなくても幸福度は上がることがわかっています。もちろん渡すことによって更に幸福度は上がりました。

 

夢について書く

ミズーリ大学コロンビア校のローラ・キングによる実験では4日間続けて「自分の夢」について20分書いた人は他のテーマについて書かされた人よりもポジティブな気分になりやすく、数か月後には身体の病気にかかりにかったと報告されています。

他にも週に2回ポジティブな思い出にふけるよう指示された人は29パーセントが新たな視点を手に入れたと感じ、19%の人がポジティブになれたと感じたと報告されています。

 

幸福とは「心の状態」であり、今住んでいる世界ををどう感じるかなのです。

人生の生きる意味を突き詰めていくと「幸福」という言葉が必ず出てくると思います。辛い人生よりも幸せな人生のほうが誰だっていいはずです。幸福になる方法、是非試してみてください!

選択は科学で証明できる! No.3

おはようございます!今回も選択の科学を紹介していきます。

今回は認知的不協和理論と心理的反発について紹介していきます。

前回の記事はこちらからどうぞ。

選択の科学 NO2 - QOL向上委員会

選択の科学 NO1 - QOL向上委員会

 

ãå¿çå­¦ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

認知的不協和理論

数百人の就活中の大学生に対する調査で、調査を始めてから就職を勝ち取るまでの6~9ヵ月の間に3回に分けて理想的な仕事の条件を上げてもらい、就活を進めていく中で考え方が変わるかどうか調査した。

選択肢がいくつか用意され、それに該当する順に評価してもらった。項目としては「高収入」「昇進の機会」「雇用の保証」「創造性を発揮する機会」「意思決定を行う自由」などの項目で構成された。

1回目の調査では「意思決定を行う自由」などの属性が評価される傾向にあり、経済的な考慮より個人的な充足などを重視する傾向が多く見られた。

2回目の調査では「昇進の機会」が多く見られ、3回目では「高収入」が評価される傾向にあった。このように就活を進めていく中で仕事に対する考え方に変化が生じたのだが、学生たちは3回目の調査後が終わった時、過去二回の仕事の条件を思い出してもらったところ自分の優先傾向は認めず、仕事の優先順位は変わっていないと誤解していた。

このように私たちは自分の信念と行動の矛盾を行動と一致させようと信念を変化させるのだ。このことを認知的不協和理論と呼ぶ。の例としては自分の信念に反する意見を書類などで書かされると、次第に自分が主張していた意見に賛成するようになったことが数々の研究からわかっています。

 

心理的反発

スタンフォード大学がでカリフォルニア州のとある幼稚園の子供たちを対象に行った研究では、子供を1人ずつ別室に連れていき、好きなおもちゃを選ばせました。それから3つのグループに分け、Aグループには、「こらから部屋をちょっと離れるけど(実験者)その間好きなおもちゃ以外のおもちゃで遊んでもいいよ」と伝え、

Bグループには「もし好きなおもちゃで遊んだらおじさんはカンカンに怒って君にお仕置きをしなくてはならなくなるからね」と伝えた。

Cグループには「もし好きなおもちゃで遊んだらおじさんは困ってしまうよ」とだけ伝えた。その結果、強く牽制されたAとBグループは前にも増して好きなおもちゃで遊びたがったのに対して、あまり牽制されていないCグループでは前ほどおもちゃに関心を示さなかった。

このように否定をされると、否定に対して強い反発を示して欲求が高まる。このことを心理的反発と呼ぶ。またCグループではおもちゃに対する欲求が減少していたが、認知的反発による行動と信念を同一化させる働きが生じたと考えられる。

 

選択の科学は今回で終了です!見てくれた方はありがとうございます。

今後も記事を載せていくので見てくれると嬉しいです。

 

 

選択は科学で証明できる! No.2

前回に引き続き,選択についてお話していきます!

前回の記事はこちらからどうぞ。

選択の科学 NO1 - QOL向上委員会

 

f:id:wushilanjiangusyoumaigarasi:20180606075601p:plain

 

人種による選択の捉え方

シティーコープという企業で行われた2000人を対象に行われた調査ではアメリカ人は業務にたいして自分の意志で選択可能だと認識している傾向が強いのに対して、アジア人はそれほど選択の自由を感じていませんでした。

そしてアメリカ人は選択の自由度を高く感じているほど、意欲、満足度、実績のスコアが高く、アジア人は業務が上司に決められていると感じている人ほどスコアが高かった。

よく「外国人は皆主体的で授業では全員が意見を言うぞ」みたいなこと言われたことありますよね。文化によって価値観が違うのは当たり前なのでいきなりそんなこと言われても「国からやり直せばいいんですか?」となってしまいます。

 

選択肢の数

ジャムの試食にて2つのグループに分かれてAグループは24種類、Bグループは6種類のジャムを試食に出し、選択肢の多さは売り上げに関係あるのか実験しました。

その結果24種類のグループは買い物客の60%が試食コーナーに足を運んだ。6種類のグループは40%しか来なかった。しかし、24種類のグループに足を運んだ客は3%しかジャムを購入しなかった。6種類のグループは足を運んだ30%の人がジャムを購入した。人数差でいうと24種類のグループの6倍以上である。

選択肢が多いいとどれが良いか迷った挙句、購入しないのです。ランチの時に飲食店を探す時も色々なお店があると迷ってしましますよね笑 その原理と似ています。

 

吊り橋効果

有名な話ですがエビデンスを知らない方も多いいと思いますので、とある実験を紹介します。大きく揺れる橋とあまり揺れない橋において、橋を渡る男性に美人な女性が実験に参加してほしいとお願いしました。実験に参加してくれた男性に、女性が写っている写真を見せ短いストーリーを考えてもらい、書いてもらいました。実験後、「詳し詳細が知りたければこちらに電話してください」と電話番号が書いてあるメモを渡しました。

その結果、大きく揺れる橋で実験に参加した男性は半数の人が電話したのにたいして、揺れない端の人は8人に1人しか電話をしませんでした。また、書いてもらったメッセージには大きく揺れる橋で実験を受けてもらった人は性的な内容が含まれいるものが多かったそうです。

遊園地のジェットコースターやお化け屋敷などでも効果はあると思いますので、好きな人がいる方は試してみるのも良いかもしれません笑

 

次回は認知的不協和理論と心理的反発についての記事を書きますので、見てもらえると嬉しいです。